上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

昨日の夢。

ショッピングモールで鞄を見ていた。
あれこれ商品を見て回ったが、結局お金が足りないので買わないことにした。
すると店員に暴言をはかれた。
カチンρ(`O´*)ときた私は、
「この人におしりを触られました~!!」
と大声で叫び、店員を痴漢に仕立て上げた・・・
(店員は、実在する同級生の男子のようだった)

私は警察からの事情聴取をされることもなく、
彼はそのまま捕まった。
裁判の日が近づくにつれて、彼が、
「このままでいいと思うのか!?」
と私に叫び続けた。

私は良心が痛んだが、嘘をついたことがばれるのも嫌なので、
どうしたらいいのか悩む。


【言葉】
・・夢の中で語られる言葉は良心の声であることが多い。そこで、戒め、諫め、威しなどの言葉は、自分の良心の声なのだ。・・

トム・チェトウィンド《夢事典》より

朝起きて、
今の私の現実にぴったりあてはまっているなぁと思った。
スポンサーサイト

2008.08.29 | | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。